海藻シンポジュウムについて


EFPの活動スタートと同時に、漁村である江ノ島をアピールする為、

江ノ島で養殖されている『ワカメ』に注目し、ライブ型食育活動の一環として

『養殖ワカメの体験』イベントもスタート致しました。

 

何を体験するの?と思われるでしょう。
ワカメの養殖は12月の海水温が下がる頃に『ワカメの種』をロープに付けます。
それを2月まで江ノ島沖のワカメ養殖棚にゆだねておくと、小さかったワカメの種が2mほどに成長します。
この養殖漁業を12月の『ワカメ種付け編』そして2月に『ワカメ刈取り編』として体験して頂きました。

海藻シンポジュウムと言うからには、「ワカメの種付・刈り取り」だけでなく、海藻についての講義・ロープワーク体験・ダイビング器材に触れる体験・ダイビングについての講義・海藻のタッチプール・ワカメの養殖棚までのミニクルージング、と色々なメニューを体験して頂きました。

もちろん、食育ですから、イベントの最後は、みんなでお食事タイムです!

このイベントは、家族全員で参加できるイベントです。

2018年2月の海藻シンポジュウム刈り取り編を

Feel湘南さんがとっても素敵にまとめてくれました

これを見れば、海藻シンポジュウムの

全てがわかりまーす!!

 

みんなでワカメの種を付けていまーす

みんなで12月に種付けしたワカメを2月に刈り取ります

藻場おじさんのミニ講義 ~藻場ってなーに?~

海の生き物にタッチしてみよう~

ダイバーズトークでは『震災後の三陸の海のお話』

チャレンジ!ロープワーク!

ワカメの養殖棚までミニクルージング

みんなでお食事タイムでーす!