環境保全活動

水産業や漁村は国民に新鮮で安全な食料を提供することの他、沿岸域の豊かな自然環境を守り、海の安全・安心とやすらぎの空間を提供する多面的な機能を有しています。しかしながら、近年漁村の人口減少や高齢化等に伴い、その貴重な機能が失われつつあります。
そこで水産業と漁村の多面的機能を発揮するために『国民の生命・財産の保全』 『地球環境保全』 『漁村文化の継承』に取り組む全国の漁業者や市民グループ(活動組織)を国や地方公共団体が支援する水産庁の『水産多面的機能発揮対策』が始まりました。EFPもこの活動に賛同し、2013年から

この事業の活用を水産庁から認められ、2009年から3年間『船釣り教室』『養殖ワカメの体験』事業を行ってまいりました。

2016年からは、対象項目の変更で『藻場保全』と『海底清掃』の2つの項目でこの事業の活用を認められ、5年間の活動に入りました。

江ノ島の海も環境破壊は進んでいます。私達にできる事を少しづづ積みかさねています。

環境の事を考えるきっかけになって頂ける様に 活動の様子を少しづつご紹介していきます。