環境保全活動

水産業や漁村は国民に新鮮で安全な食料を提供することの他、沿岸域の豊かな自然環境を守り、海の安全・安心とやすらぎの空間を提供する多面的な機能を有しています。しかしながら、近年漁村の人口減少や高齢化等に伴い、その貴重な機能が失われつつあります。
そこで水産業と漁村の多面的機能を発揮するために『国民の生命・財産の保全』 『地球環境保全』 『漁村文化の継承』に取り組む全国の漁業者や市民グループ(活動組織)を国や地方公共団体が支援する水産庁の『水産多面的機能発揮対策』が始まりました。EFPもこの活動に賛同し、2013年から

この事業の活用を水産庁から認められ、2009年から3年間『船釣り教室』『養殖ワカメの体験』事業を行ってまいりました。

2016年からは、対象項目の変更で『藻場保全』と『海底清掃』の2つの項目でこの事業の活用を認められ、5年間の活動を終了いたしました。

2021年からは新たな5年間の活動の許可を得る事が出来ました。これからは、食害対策と江の島産ワカメの種作りを中心に進めます。

もちろん、海底清掃は、拾って拾って拾いまくります!!!!

江の島の海も環境破壊は進んでいます。私達にできる事を少しづづ積みかさねています。

環境の事を考えるきっかけになって頂ける様に 活動の様子を少しづつご紹介していきます。

藻場保全活動

海底清掃活動


2021年、新たに水産多面的機能発揮対策の事業活用を認められました。ワカメ藻場は安定してきました。これからは、カジメ藻場の食害対策と

江の島産のワカメ種作りを中心に活動します。

カジメを食べてる魚の特定がかなり難航しています。ワカメの種作りは

夏場の種保管が大きな課題です。

今年も拾って拾って拾いまくります!

江の島の海にゴミが無くなるまで、拾い続けます!!!!

昨年は建物の一部の様な大型ゴミが目立ちましたが、今年は何が

拾えるのでしょう?ゴルフボールは今年もあるのでしょうか!?



江ノ島・フィッシャーマンズ・プロジェクト

〒251-0036  神奈川県藤沢市江ノ島1-3-12

*お電話での対応はイベント開催日当日のみとさせて頂きます。

   体験学習・取材の申し込みなどはメールにてご連絡お願い致します。

email: info@enoshima-fp.com