藻場保全活動について


江ノ島は観光地としての知名度が高く、漁村の存在は忘れられがちです。
実際に足を運んで頂くと、漁師の方々が船を出している姿を目にすることができます。 その時初めて漁港があり漁師さんの存在を認識する事となります。
メディアでは、新鮮な朝獲れの魚の話を取り上げていますが、漁師の継承者不足・環境の変化により、魚の拠り所である海藻の減少は江ノ島周りでも起きています。
水産多面的機能発揮対策の活動項目として、漁村としての知名度を上げるとともに、母藻の設置・種苗投入などで、今後の漁業継続のプラス要因にできれば、この活動も意味のあるものと思われます。

 EFPでははカジメの母藻の設置・ワカメの種苗投入を行っています。
減少している藻場を増やす活動です。


EFP発足から2年間、ワカメの養殖体験を通じて、アンケート結果から、実際に漁港に足を踏み入れ、目で見て、手で触れる体験が感動を呼ぶ事がわかりました。
減少した藻場を復活させる活動に加え『教育と啓発の場の提供』として海藻シンポジュウムを開催し、より多くの方にこの活動の意味や漁村の存在をアピールしていきたいと思っています。