江ノ島・フィッシャーマンズ・プロジェクトへようこそ!


当サイトにお立ち寄りいただきありがとうございます。

2009年10月から江ノ島・釣り船でいとう丸で開始した『初心者のための船釣り教室』も第150回を越えました。ハードルが高いと言われている船釣りのイメージを払拭すべく、お子様や初心者に親しみやすい船宿を目指してまいりました。2013年8月からは水産庁の『水産多面的機能発揮対策』事業の活用を認められたのを機に名称を『江ノ島・フィッシャーマンズ・プロジェクト』と改め、船釣りだけでなく

『藻場保全活動』『海藻シンポジュウム(旧わかめの養殖体験)』『クリーンフェスティバル』とライブ型食育活動を基本理念に活動を広げてまいりました。また、遊漁船に親しんで頂く為『湘南の花火船上観賞クルージング』など、湘南ならではの体験もございます。これまでにEFPの活動に参加して頂いた方は、2020年までの延べ参加者数は約8500人

これからも漁村である江ノ島のファンを一人でも増やす為に、EFPの活動を継続していきたいと思います。 


環境保全活動

活動の一環として、クリーンフェスティバルや藻場保全活動、海底清掃などの環境保全活動を行っています。

初心者船釣り教室

ハードルが高いと思われている船釣りを、「フルレンタル+安心サポート+レクチャー付」で、お楽しみいただける企画です。

海藻シンポジュウム

江ノ島で養殖されているワカメに注目し、ライブ型食育活動の一環として『養殖ワカメの体験』イベントを開催しています。

体験学習

EFPでは漁協見学や環境問題などの体験学習・取材を承っております。ご希望に合わせて色々と組み合わせや資料提供致します。


topics


2020年の釣り教室は全て終了いたしました。

年内の釣り教室は、全て終了いたしました。コロナの状況の中でも、沢山の方々にご参加頂きありがとうございました。

事故も無く無事終了できましたのは、皆様のご協力のお陰です。ありがとうございました<m(__)m>

2020年 第15回 海藻シンポジュウム~種付け編~ 予約受付中

第15回 海藻シンポジュウム

~養殖ワカメの種付け編~

2020年12月12日土曜日

午前11時~12時位

参加費 無料 ご予約制

 

残念ながら、通常開催はできませんが、縮小開催致します。

①養殖ワカメの種付け体験 ②ミニクルージング

③スマホ顕微鏡をのぞいてみよう!の3体験

『ワカメクッキー』プレゼント

ご予約は予約専用サイト

RESERVAからご予約ください 

☚右の『予約する』をクリックすると

              RESERVAに移行致します。

 ご予約は下記の手順をご確認ください。

『ご予約受付』後の『承認』メールが送られます。

携帯電話からお申込みの場合は、EFPのアドレス

info@enoshima-fp.comの受信許可設定をお願いいたします。



残念ながら、今回は縮小開催ですが、2月刈り取り編は

マルシェタイプで開催予定です。過去の映像ですが、

第13回の海藻シンポジュウを中心に動画にまとめてみました~

海藻シンポジュウムって何?

と言う方、ぜひご覧ください<m(__)m>

楽しみながら、海の大切さや楽しさを体験できます。

来年は、コロナも収まって、みんなで楽しく開催できる事を祈っています。



~お知らせ~

2020年度は新型コロナウィルスの影響で開催が不安定の為、さとふるに提供していません。

状況次第で又提供させていただきます。

2019年度FPの釣り教室と海藻シンポジュウムの体験参加が藤沢市のふるさと納税の返礼品に選ばれました。

重要なお知らせ

予約サイト レゼルバからのお知らせメールアドレスが変更になりました。

noreply@reserva-mail.comから送信されます。

迷惑メール解除設定の変更をお願いいたします<m(__)m> 


活動協力団体

江の島片瀬漁業協同組合

約100名の漁業者儀が漁業に従事しています。

おもに沿岸漁業が中心です。

 

 

阪急阪神第一ホテルグループ  第一イン湘南

EFPの活動を支援してくれています。

JR辻堂駅徒歩3分。

湘南にご宿泊の際はご利用ください<m(__)m> 

 


江の島・釣船でいとう丸

EFP代表は江ノ島・釣り船でいとう丸の船長です

 

茅ヶ崎ダイビングショップ オアシス

江ノ島周辺の海底も熟知しているショップです。

三陸ボランティアダイバーズ

藻場保全・海底清掃のダイビング作業を一手に引き受けて頂いています。

頼もしいダイバーの皆様です

湘南アウトリガーカヌークラブ

イベント時のマンパワーは素晴らしい機動力です。


新江ノ島水族館

新し仲間です!  藻場保全活動に新たな

                                          取り組みが広がります。

多摩大学 グローバルスタディーズ学部

海藻シンポスタッフとして、若い力で

協力してくれています。